えっお前もう内定持ってんの?内定早期獲得の就活法3選

ガクチカ:え、お前もう内定持ってんの?内定早期獲得の就活方法

スポンサーリンク




就活で早期内定をゲットするが勝ち!

お悩みBoy
安心するために、はやめに内定ゲットしたいなー

ヒゲ先生
今回紹介する3つの就活のコツを有効活用するのじゃ

就職活動の鉄則は早く安心を得るということです。

就活生にとっての『安心』とは、内定をいち早く得るということです。

自分が希望していない業界であっても構いませんので、早いタイミングで企業から内定を獲得することで、その後の就活は、『内定が出なかったらどうしよう』などの不安があるなかで活動しなくても済みます。

他の学生より少しでも早く獲得するためにはいくつか方法がありますので、今回は3つを紹介いたします。

1.当たり前だけれども、早めが大事。ちゃっかりスタートダッシュをしておく

まずは就職活動を始める時期についてご紹介します。

就活と言えば、大学3年生、大学院1年生ということが一般的です。

しかし、今の就活戦線は、企業の採用活動期間が短く、

また、後ろ倒しになっているため企業からしても早期に優秀な学生と接点を持ち、

採用活動を有利にしたいという考え方をもっています。

そこで、一般的である大学3年生や大学院1年生を対象にするのではなく

大学1年生や2年生向けのインターンを行っている企業も増えています。

お悩みBoy
1年生や2年生でも内定がもらえるってこと??

その通りです。

インターンで企業から認められると大学1年生や2年生であっても企業の選考を受けることが可能で、

その学年の段階から内定を獲得することができるということです。

超早期の内定獲得と言えます。

そのような超早期の就活が状況的に難しいのであれば、

大学3年生の4月から就活はスタートして6月にオープンする

リクナビやマイナビのインターンサイトで本格稼働さえるというイメージです。

内定の早期獲得は就活スタート時期に大きく関係しますのでスタート時期がまず大事になります。

インターンを選ぶ際には、適切なサイトを利用するとよいです。

インターンを制す!良質なインターンに参加できるサイト8選』で

インターン探しができるサイトをまとめておりますので要チェックです!

早期内定獲得の動き出し方とは?

動き出しの具体例としては、

インターンを扱う企業へ自ら直接アプローチする方法

インターン情報を提供するサイトなどに登録するという方法になります。

その後、企業からニーズがあった場合、企業と面談を行い、課題を与えられ、

それを期間内に仕上げて添削を受けるという流れです。

この場合は夏休み期間中に行うことが多いですので、

6月のインターンサイトオープンと同時に活動できる準をしておいてください。

ヒゲ先生
先輩が本格的に就活がスタートする時期の少しあとじゃな

2.適切な就活ツールを使い差別化を図る

内定を早期獲得する次なる手法は『就活ツール』を利用するということです。

企業は就活サイトがオープンする3月前からインターンなどで就活生との接点を設けていますが、

複数の企業が同時にその場に参加し、複数の企業と接点を持てる場に積極的に参加してください。

就活において何が適切なツールなのかを知りたい方は、

就活に欠かせない重要就活ツールの21選』を熟読してみてください。

3月前にすでに実質内定とも言える内々定を獲得することが可能になります

今の時代、就活サイトだけでは内定の早期獲得は期待できません。

インターン・イベント・スカウトなど各種の就活ツールは必須だと考えてください。

早期内定獲得に最適なツールとは?

具体的にオススメしたいツールは、OfferBox(オファーボックス)です。

どのような就活生でも無料で利用することができ、

OfferBox(オファーボックス)は就活のスタイルを変えたと新卒市場では言われていて、

学生が企業に自分を売り込むのではなく、企業が学生に売り込むシステムです。

就活生はOfferBoxに自分の情報を登録し、

企業はOfferBoxに登録している学生情報を見てスカウトします。

その後、学生がOKであれば面談などが行われるという仕組みです。

インターンに参加して欲しい場合でも企業はこのOfferBoxを利用しますので、

必然的に内定の早期獲得が実現できます。

お悩みBoy
Offerboxは最近有名だよね、どんどんアピールしていこうかな!

3.早期内定ではベンチャー企業を狙うべし

ベンチャー企業は大手企業よりも新卒採用において即戦力人材を求めています。

そのため、インターンやその後の本選考においても

少し就活生に対して負荷がかかる選考内容を設けている場合が多いです。

前提はその負荷に耐える気力や体力、やる気があるということにはなりますが、

大手企業よりもベンチャー企業の方が採用に苦戦を強いられるケースが多いため、

大手企業が動き出す3月前にすでに本選考をスタートさせているベンチャー企業は多数あります。

ベンチャー企業を狙うことで内定の早期獲得は実現することができると言えます。

インターンから積極的にベンチャーを狙っていきたいと考えている方は

現役人事が選ぶインターン募集おすすめベンチャー10選』を熟読しておきましょう。

早期ベンチャー企業への接点の持ち方とは?

早期にベンチャー企業へ接点を持つ方法としては、ベンチャー企業が最も好む方法があります。

それは、サイトやツールなどを一切使わず、

就活生がベンチャー企業のホームページの問い合わせフォームから自ら売り込むやり方です。

このやり方でベンチャー企業と接点を持ち、

アルバイトを経てそのまま内定の早期獲得を実現した就活生も多く是非トライしてみていただきたい方法です。

ベンチャー企業はこのようなアグレッシブな行動を望んでいますので、遠慮なくアプローチしてください。

その他としてはベンチャー企業はインターンに対してかなり積極的ですので、

インターンサイトではない小規模のイベントに積極的に参加してベンチャー企業の接点を持つことです。

賢者屋など小規模で採用イベントを行っている企業』などは特に狙い目です。

いかに接点を持ち、それを深めることができるかがベンチャー企業からの内定の早期獲得の秘訣です。

ヒゲ先生
成長したい人は、ベンチャーに絞りどんどん選考するべきじゃな

早期内定のための就活方法は一体なんなのか?

今回は大きく『時期』、『就活ツール』、『ベンチャー企業』という3つの就活法をご紹介しました。

この3つのいずれかを実践することで就活生の安心がでますし、就活全体として好影響を与えると言えます。

是非、内定の早期獲得で他の学生との差別化を図ってください。

他にも多数の記事を公開中!あなたの就活をハックする『ガクチカ』を要チェック!

ABOUTこの記事をかいた人

ガクチカスタッフでございます。企業と求職者の素敵なマッチングを支える最高の情報、ツール、イベントなどを行っていきます。 世の中が必要としているものをつねに探せ。 -トーマス・エジソン-