君は知ってる?就活に欠かせない重要就活ツール21選

ガクチカ:君は知ってる?就活に欠かせない重要就活ツール21選

スポンサーリンク




あなたは今どのような就職活動を行っているのだろうか?

時代の流れと共に、ナビによる一括採用だけでなく、フリースペース、イベント、インターン、逆求人、スカウトなど様々なチャネルから採用が増加し、採用手法が多角化してきている。

しかし、いまだに多くの学生が大手ナビサイトだけでの就職活動を行っているという事実もある。その結果としてナビ上に掲載している企業としか接点を持つことができず、納得のいく就活ができないまま社会人になっている人が多くいるのである。

これは非常に残念なことであり、そんな学生を少しでも減らし、企業と学生の円満なマッチングを目指したいと考えている。

そこで、本日は就活に欠かせない重要就活ツール21選をご紹介する。

今からでも全くもって遅くないので、下記を参考に就活に取り組んで欲しい。

就活ツール1:フリースペース

1 賢者屋

ガクチカ:賢者屋のロゴ【概要】 学生が運営している学生のためのフリースペース賢者屋。大阪と東京の2拠点をベースにしている(2017年5月現在)。首都圏の学生だけでなく、地方学生も多く利用しているのが印象的である。運営側が主に学生インターンやアルバイトであるということもあり、学生目線で就活相談などにも乗ってくれるのが醍醐味。賢者屋の魅力は、代表である佐藤氏のカリスマ的な人柄で、彼自身が広告となることでユニークな学生や、企業をスポンサーとして集客できている。そこが他の就活サイトやイベントとの大きな差別化のポイントになっているのだろう。定期的に、小規模のイベントが開かれ、賢者屋のみで特別枠を用意している企業の選考なども受けることができる。 

2 就プラ

ガクチカ:就プラのロゴ

【概要】 学生のためのフリースペース。現役の人事が来場し早期面接を受けられるイベントを開催している。自習用のフリースペースはもちろん、就活のセミナーや講座を開催しているので、就活生にとってありがたいフリースペース。また、交流会やイベントを通して仲間を増やすことができるので、就活の情報交換などをするために、訪れる人も多い。さらに、ES添削や模擬面接、就職対策セミナーなど人事経験のある管理人がアドバイスをくれるため、利用することによるメリットは大きい。

3 知るカフェ

ガクチカ:知るカフェロゴ【概要】 大学生限定のフリースペースを提供。いわゆる”上位校”の近辺にカフェを構え、訪れた学生はカフェコーナーやWifi設備を無料で利用することができる。これは、企業の協賛があって成り立っており、各企業人事も相談に乗るという名目で、リクルートするためこのスペースに集まる。逆を言えば、学生はここで、スカウトを受けられる可能性があったり、就活の深い話をしてもらえたり、相談に乗ってもらえたりするので、近場にこのフリースペースがある場合はぜひ利用してほしい。

就活ツール2:ナビ

4 あさがくナビ

【概要】 マイナビ・リクナビに並ぶ大手のサイト。イベントも行っており、合同説明会に参加することもできる。インターンシップ情報、適職診断や、就活支援などの情報も豊富で就活時に見ておきたいコンテンツが多数掲載されている。中小企業や、ベンチャーにスポットを当てているのが印象的でこだわりが強い就活生にとっては尖ったナビになっている。こちらのナビのみ掲載の求人なども揃っていることや、企業情報のコンテンツがリッチである点なども使い勝手が良いポイント。 

5 ダイヤモンド就活ナビ

【概要】 マイナビ・リクナビと同じく就活用サイト。選考直結型イベントなども開催している。ダイヤモンド就活ナビが提供しているユニークなコンテンツとして、地元就活特集が存在し、都会以外に特化した採用イベントなどを開催している。地方出身で首都圏に進学した学生のUターン就職や、首都圏以外で就職したいと考えているIターン就職を希望している学生にとっては非常に利用しやすいナビになっている。

6 リクナビダイレクト

【概要】 中小企業に特化したサイト。リクナビよりも会社と学生の距離が近く、会社からオファーが届くこともある。しかし、リクナビとの関係が強いため、基本的な構造はリクナビと同じである点が、他との差別化ができていない部分。しかし、やはり大手ナビの関連とのサービスということがあり、利用のしやすさは他のサービスと一線を画す。また、中小企業で自分なりの働き方をしていきたいと思う学生にとっては非常に素晴らしいサービスを提供しているため、利用してみる価値は大いにあるサイト。 

就活ツール3:イベント

7 キャリアパーク

【概要】キャリアパーク自体が、就活に関連した素晴らしいコンテンツを提供してくれているのは言うまでもないが、それだけでなくマッチングイベントも企画・運営している。専属のキャリアコンサルタントが就活の悩みに乗ってくれるタームや、選考後にフィードバックがもらえる点も嬉しいところ。最短で即日内定が出るコンテンツが大きな特徴で、GDの評価から特別選考に進むか否かが決まる。就活が始まる2月、3月の時点で内定がでるイベントを企画し、学生に内々定をもらえる場を提供してくれている。本格化する前に内定を獲得しておきたい学生には、ありがたいイベントである。 

8 リアライブ:Job Tryout

【概要】 株式会社リアライブが開催しているイベント。様々なビジネスゲームが行われ、その中でゲーム中の行動を人事が評価。それによって企業からのオファーが決まるシビアなイベントである。しかし、そこでのオファー受賞率は高く、参加学生の満足度は非常に高い。また、ビジネスゲーム自体も非常に工夫がされていて、面白い中身となっているので、それ目当てに参加する学生がいるほど、面白いコンテンツになっている。 

9 ディスコ:東京サマーキャリアフォーラム

【概要】 日本にいるバイリンガルのためのイベント。6月の下旬に二日間にわたって開催される大型イベント。多数の企業が参加し、急成長を見せるベンチャーから、大手老舗まで幅広い企業と出会うことができる。また、就活の暇がない海外生をメインの対象にしているため、選考フローなども比較的省略されるケースが多く、留学経験などがある人たちにとっては参加しておくべきイベントの一つであろう。 

10 MATCH-UP

【概要】 人事と学生がディスカッションできる場を設けているイベント。個別面談・選考なども行う。「就活100本ノック」という、面白いコンテンツを用意しており、なぜ働くのか、どう働くのかということを企業人事と練り上げることができる。人事と非常に近い立場で本音ベースで話すことができるので、非常に面白いイベントではないだろうか。 また、参加している企業も実績のある企業が多く揃っており、自分を磨くという点でも参加してみるべきイベント。 

11 type就活

【概要】 就活セミナーを幅広く扱っている。東京就活キャンプというコンテンツを行っており、地方学生が東京で集中的に就活が行えるイベントを提供している。支給金額が1万円のイベントがあり、効果的ではなかったかもしれないが、宿泊期間が2週間あるイベントなども行っていて、非常に地方学生にとってありがたいサービスになりつつある。基本的には抽選になるのだが、もう少し母数を増やしてくれれば学生にとってよりよりサービスになるだろう。

12 Meets Company

【概要】 優良企業・トップベンチャー企業の選考を受けられることを売りとしている。内定獲得までサポートしてくれるという点で、非常にありがたいサービス。紹介会社であるため、優秀な学生は多くの企業に紹介される可能性は高いが、一方で面談を通して個性もみてくれるので、自身にあった企業とめぐり合わせてもらえる可能性も高い。株式会社DYMという実績のある会社が運営しているものになるため、非常に信頼性も高い。内定直結イベントなども開催しているので、ぜひ登録しておきたいサイトであるMeetsCompanyに参加する

13 ナルシスト採用

【概要】 選考直結型イベント。「普通の就活はしたくない」というアウトローな学生を集めているのが売り。ユニークな学生と企業のマッチングの場を設けている。また、LPが面白く、ユニークな視点を持った人にはおすすめ。29歳までの就労経験がない人に向けたもので、制限をできるだけなくしている。自意識過剰で自分しか見えていない人のためのマニアックな就活サービスであるため、自身のオリジナリティを存分に活かせるサービスである。

14 キャリセン

【概要】 就活エージェントとして、学生の就活相談に10年以上関わっている企業が運営するサービス。学生の声や、どのような人がどの企業に行っているのかなど信ぴょう性の高い情報が集まっているという観点で、登録していて損はない。イベントでは選考直結型のものがあり、その日にグループ面談などをしてもらうことが可能。 

 

就活ツール4:OB/OG面談

15 ニクリーチ

【概要】 ニクリーチはビズリーチが運営する、企業と、学生が肉を食べながらざっくばらんに話す機会を提供するサービス。登録しておけばあなたに会いたいと思う企業からスカウトメッセージが届き、肉にありつける。単純に肉目的だけで登録している学生がいてもいいほど、登録学生に太っ腹な仕組みになっていて、学生は肉にありつけながら、企業内部の情報まで聞くことができる。補足だが、絶対に肉でないといけないということではなく、寿司や、その学生が食べたいと思うものを食べさせてくれる仕組みになっているので安心して利用してほしい。 人事の方とお肉を一緒に食べることで、打ち解けた雰囲気で、企業研究をすることができる

16 Matcher

【概要】 社会人の「就職活動の相談に乗るので○○してください」というお願いに答えることで、社会人と企業について話す機会を得ることができる。会社のことだけでなく、就活全般のことから、キャリアビジョンまで色々な相談に乗ってくれる社会人を見つけることができるのが、このサービスの肝だ。また、人事が多く登録しており、ここから個別面談で面接を受けさせてくれるケースも多く存在している。要チェックのサービスである。 

 

就活ツール5:スカウト

17 ガクセン

【概要】 ガクセンとは学生のプロフィールをWeb上に掲載することで、企業からスカウトを受けることができるスカウト型のWebサイト。Offerbox以上に学生個人のLPが充実しており、その学生のインタビューを載せることで、個人として企業にアピールすることが強みとなっている。もちろん全員が掲載できるわけではなく、ガクセン側に審査が存在し、それを通過すると記事が掲載されるいわば狭き門を通ることができた猛者が利用出来るサービスなので、トライしてみてはいかがだろうか。

18 Iroots

【概要】 基本的に後ほど紹介するOfferBoxと同じようなスカウトサイトを提供してる。Iroots側の強みは、すべての企業が参加できるというわけではなく、参加企業を厳選しているというところにある。Irootsで採用された優良企業のみが学生にオファーを送ることができるので、学生にとっても非常に安心できるサイトで、優良企業や尖っている企業が多く揃っている印象がある。

19 キミスカ

【概要】 “インターン経験や、就活状況を人事にシェアスカウトを待つサービス、キミスカ!選考管理をしつつ、スカウトを得ることができる就活スカウトサービス。キミスカでは、キミスカのコンサルタントが就活相談に乗ってくれることや、自分に沿ったスケジュールを提案してくれたりするので、非常に心強いサービスになっている。地方学生に対しても、それぞれにあった内容を提案してくれるので、ぜひ登録してみるとよいだろう。自己プロフィールを入力し、選考状況などを記載しておけば逆オファーがあり、就活の幅が広がることは間違い無し。 

20 JOBRASS

【概要】 マッチング型就活サイト。企業と学生がお互いに興味を持って初めてマッチングできるので、学生にとっては効果的な就活が行えるサイトではないだろうか。また、プロフィールなどを掲載しておくことで、選考オファーが届くという点や、自らが気に入った企業にアピールすることができるのもこのWebサイトならでは。就活イベントなども行っており、イベントの内容は面接対策から求人まで様々で是非そちらも利用してみたいところである。 

21 OFFERBOX

【概要】 逆オファーが届き、実際に人事と会うことができるスカウトサイト。自己プロフィールを記載することで、興味を持った企業からオファーが届く。OfferBoxを通じてスカウトがきた学生は、選考免除など、特別ルートの選考を受けることができる。 企業にとってオファーを送りたくなる学生ということは、能力や性格にマッチした、実際に活躍できる会社である可能性が高いいわば、自身とマッチした企業になる。

あなたは全てチェックできただろうか?

就活の方法が多角化し、いろいろなアプローチがあると気づいてもらえたのではないだろうか。

自分自身の就活の方向性が完全にわかっている人も、そうでない人にとっても、チャンスをあたえてくれるサービスが大手ナビサイト以外にも多数あるということを認識していただければ幸いである。

もし自分の知らない情報や、サイト、イベントなどがあればぜひ登録して就活を有利に進めてほしい。

他にも多数の記事を公開中!あなたの就活をハックする『ガクチカ』を要チェック!

 

 

ガクチカ:君は知ってる?就活に欠かせない重要就活ツール21選

友達へ就活情報をシェアしよう!

ヒゲ先生監修!君がもし就活で成長したいならば、必携のブックレット!



就活と一緒にビジネスも学ぼう!
就活に役立つ6つのフレームワーク

「ありきたりな就活はやめませんか?」ひげ先生とお悩みBOYが趣味で作った戦略的に就活をする人のための無料(タダ)ブックレットです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ガクチカスタッフでございます。企業と求職者の素敵なマッチングを支える最高の情報、ツール、イベントなどを行っていきます。 世の中が必要としているものをつねに探せ。 -トーマス・エジソン-