なぜ就活でインターンに参加すべき?経験者が語る3つの理由

スポンサーリンク




「どんなインターンシップに参加すればいいんだろう・・・」

そう考えて、この記事を閲覧してくれている就活生の皆さん必見です!!

なぜなら、どのようなインターンにエントリーするべきなのかを理解することができるからです。

結論から申し上げますと、絶対にインターンには参加するべきで、多くの仕事を学ばせてもらえる場所が最高です。

私は実際にありとあらゆるインターンに参加しました。

インターンでは企業のことについて詳しく聞くことができ、その効果は面接でも発揮できました。

今思えば、インターンに参加してよかったと思えていますが、

私も就活真っ最中はどこに行けばいいんだろうと迷っていました

そこで、私と同じように迷っている就活生へのアドバイスができればと思いこの記事を執筆しました。

この記事を読み終えるときには、インターンへの選択肢が広がっていることは間違いないでしょう。

 インターンシップに参加するべき3つの理由

インターンシップに参加するべき大まかに分けると3つあります。

1早期内定をゲットできるチャンスがあるため

インターンシップを開催している企業の多くが、インターン生に対して特別な採用枠を設けています。

インターン生として、企業に貢献することができる素養を見せることができれば

早期内定を得られる可能性が非常に高くなります。

また、条件としてインターンシップに参加している企業さえありますので、

インターンシップを利用しないて手はないでしょう。

2社会人としての素養を学ぶことができるため

インターンシップに参加することにより、実際に社会人としてどのようなマナーで

どのような業務をこなし、どのようにプロジェクトを進めるのかなど普通のアルバイトなどを

していては理解できないことを学ぶことができます。

これにより、他の就活でも言葉遣いや、事業理解のスピードが格段に高まります

3業界研究をすることができるため

なんといっても、社会のビジネスのあり方を理解できるのがインターンシップをするべき一番の理由でしょう。

どのような企業と関係をもち、どのような業界で、どのように稼いでいるのか。

この背景を知ることができれば、必然的に課題が浮き彫りになり

自然に業界研究をすることができるようになります。

以上3つの理由から、参加しないてはありません。

では具体的にいつ、どのようにインターンに参加するべきなのでしょうか。 

早い段階でインターンにエントリーすべき!!

 就職活動では、リクナビやマイナビでインターンにエントリーだけではなく、直接企業に連絡して応募する方法もあります。

エントリーをするべきかしないべきか悩んだときには、迷わずエントリーするべきだと私は思います。

エントリーをしない事にはインターンにすら行くことができません。

自分が行きたい企業のインターンに行けなければ絶対に後悔します。

就職活動で後悔はしたくないですよね?

とにかくまずはエントリーをしましょう。

その後なんとなく違うと感じた場合には、お詫びのメールをおくり辞退することもできます。

エントリーを押した企業すべて行かなければならないことはないので、安心してまずはエントリーしてみてください

インターンに行く前に合同説明会へ

インターンは、1日に行けて2社から3社程度です。

だからこそ、合同説明会である程度の業界を絞る必要があります。

合同説明会に行くとたくさんの企業が来ており、1日で6社から8社の説明を聞くことが可能です。

そこで業界を絞れることができれば、インターンの選択も非常にスムーズになると思います

また、金銭的にも、同じ場所でたくさんの企業を見ることが可能な合同説明会は積極的に利用すると良いでしょう

業界を絞る事が出来ればインターンにもエントリーしやすくなります。

また、インターンが活発に動き出すのは冬からなのでそれまでに業界を絞ることができればあとはインターンに行くだけになります。 

私が経験した3企業のインターンシップ

私が経験した中で、社長が出てくるインターンは非常にためになります。

なぜなら、会社の方向性や考え方を直に聞くことができ、企業の在り方を感じることができます。

多くの決断をしているからこそ、強い信念を持っており、社長が出てくるインターンは非常におすすめします。

THK株式会社

社長のお話を聞くことができ、会社のことだけではなく日本の経済や世界の経済などこれまでの経験を話して頂き社長はこのような事まで考えて経営を行っているのかと感銘を受けました。交通費の負担も何割かあるので学生にとってはありがたいインターンです。

株式会社小松製作所(コマツ)

農機具などで有名であるコマツですが、農業が低迷する中将来の農業をしっかりと見据えており聞いていても驚きばかりでした。IoTやAIを取り入れた製品も開発が始まっており農業の歴史が変わると実感しました。

株式会社椿本チェイン

チェインを使った製品を開発している中で、新たに他分野にも挑んでいることが素晴らしく今後の考え方について教えてもらえました。また、早い段階からインターンがあるので気軽に参加することが可能でした。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

インターンには積極的に参加することが大事であり、企業を選ぶポイントにもなります。

また、インターンは企業の雰囲気を知ることもでき、身近に感じることができます。

就職活動は、将来の大事なことを決める大切なものであると思うため、上記の内容を参考にしてもらえると嬉しいです。

こちらの記事を参考に私のおすすめの企業にも是非行ってもらいたいと思います。

みなさんの就活が成功することをこころより願っています。

他にも多数の記事を公開中!あなたの就活をハックする『ガクチカ』を要チェック!

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

現在大学4年で就活経験者の羽藤と言います。 就職活動や、経済のことを勉強しております。 自分の就職活動を通じて多くの就活生の皆さんが成長できる 記事を作成していきます! コメントなどもお待ちしております。