絶対リク面突破!要注意3つの質問と解答例

スポンサーリンク




企業の新卒採用のプロセスは、大きく分けて書類選考、適性検査、面接複数回になります。

この選考フローは企業が採用情報で学生に公開している情報ですので、

学生からするとこれが選考フローだと考えるでしょう。

0.でも実は隠れた面接があった!

しかし、近年の就活市場の売り手市場により

企業は新卒採用で苦戦する傾向があり、

かつてはブームだったリクルーター制度というものが再ブームとなっています。

学生は、リクルーター制度を知っている方が多いと思いますが、

学生向けの意味と企業の思惑は不一致していることもあります

もちろん、純粋に企業を知って欲しい、交流したいという意図もありますが、

実は選考の合否に非常に関係するステップでもあるのです。

今回は、リクルーターから質問されたら、どう答えれば良いのか解答例をご紹介します。

1.リク面は選考要素があるから下手な言動や行動は避ける

学生の間では、『自分にリクルーターがつくと自分は企業から高い評価を得ている証拠』と感じ、

半分以上、内定は自分のものと勘違いしている場合が多いです。

というよりも企業の採用事情を知らない限り、全員がそのように感じているはずです。

しかし、残念ながらリクルーターも暇ではないですし、

企業もそれだけのために人件費や交際費を使って学生と接する訳がないのです。

企業からするとエントリーした全学生にリクルーターはつけませんので、

リクルーターがつくということは企業から一定以上の評価はあると考えて良いのですが、

それだけではなく、リクルーターを通して企業は選考を行っています

この事実を知ることで、それまでのリクルーターへの対応を改めて面接同様にビジネス仕様で接することをオススメします。

調子に乗って飲み会で飲み過ぎて醜態をさらすなどは、

リクルーターが選考だと考えるならば一発アウトです。

リクルーターは自分の味方ではなく企業の採用視点を持った人だと考えてください。

2.リクルーターからある質問と解答例

企業は面接で日ごろの学生の素の姿を見ることができないため

学生と年齢が近く親近感がある若手人材をリクルーターにしています。

心を許した状態でどのような言動や行動を取るのか

リクルーターはチェックし人事へレポートしています。

また、リクルーターは学生の質問に対してこう答えるようにと

リクルーター教育を受けていますので、

極論、どのリクルーターにも同じ質問をするとほぼ同じ回答が返ってきます。

では、逆にリクルーターからの質問とそれに対してどう答えれば良いのかご紹介します。

要注意質問1『何でうちの会社なの?』

面接では当たり障りない本心ではない理由を答える学生が多いはずです。

それは問題ないのですが企業からすると本心が分かりません。

この質問をリクルーターからされた場合、

『面接で答えた志望理由と全く同じ内容の解答をする』が絶対です。

少しでも本心である内容で、かつ、

あまりに面接で答えた内容と違う場合は、その後の本選考で見送りになります

要注意質問2『うちの会社は第何位志望なの?ぶっちぇけ!』

『ぶっちゃけ』された質問に馬鹿正直に

『ぶっちゃけ』で返してはいけません。

この場合も面接で答えた志望順位と同じか、

または、『前回の面接から就活をしてみてそのときよりも志望度は上がって今は1位です』ぐらいが良いです。

本心を『ぶっちゃけ』てはいけません。

要注意質問3『学生時代に頑張ったことは?』

この質問は面接では必ずと言って良いぐらい聞かれる質問ですが、

リクルーターからこの質問がある場合、

人事から『どれほどの頑張りか確認』するように指示があります。

あまりに在り来たりの質問であるため、

学生は『あまり頑張っていない』や

『他にも頑張ったことがあるけど、面接には適さないので言わなかった』

と解答することもありますが、この質問の目的は『頑張り度合』です。

面接で頑張ったことに対して掘り下げて解答してください。

3.リク面ではポロっとを狙っている

多少、アルコールも入ったり、面接ではない自分の日ごろに近い環境で

自分と年齢が近い社員とコミュニケーションすると、

学生は気を許して思わず、

『ポロ』っとリクルーターには言ってはいけない解答をしてしまいますが、

企業はリクルーターでその『ポロ』を狙っています。

是非、この記事を読んで頂きリクルーターの本心と解答例を参考にして

不用意に自分にとって不利にならない就活をしてください。

他にも多数の記事を公開中!あなたの就活をハックする『ガクチカ』を要チェック!

ABOUTこの記事をかいた人

ガクチカスタッフでございます。企業と求職者の素敵なマッチングを支える最高の情報、ツール、イベントなどを行っていきます。 世の中が必要としているものをつねに探せ。 -トーマス・エジソン-