会社説明会の1秒でも無駄にするな!究極ワザ6選

スポンサーリンク




説明会の本質をつく6つの究極技を紹介!

「会社説明会から選考を有利に進める方法は何かないかな・・・」

多くの学生は企業の説明会や合同説明会に足を運ぶでしょう。ただ、就活初期はただ漫然と話を聞いているだけでなんのことを言っているのかよくわからなかった・・・」ということは往々にしてありえます。

そんな就活生のために、本記事では、説明会の有意義に過ごしその後の選考へとつなげるワザについて記載いたしました。

この記事を読んで説明会の時間を誰よりも有意義な時間にしてやりましょう!

1.そもそも会社説明会とは

会社説明会とは、企業が就活生に向けて会社の理念や事業内容などをPRし、本選考に進んでもらえるように興味を持たせる場です。

説明会の種類には、合同説明会と単独説明会の二つがあります。例外として、企業説明会と選考会を兼ねたものがありますが、この場合は事前に企業説明会兼選考会であるということが学生に連絡されます。

では合同説明会と単独説明会について以下で説明いたします。

1-1.合同説明会

ひとつの会場に複数の企業が集まり行われます。1タームは30分程度であり早いサイクルで回っていきます。企業の話を聞くことが初めての学生を対象にしていることが多いので、比較的基本的な内容についての説明を受けることができます。合同説明会では、あらかじめ狙っていた企業のブースに行くことはもちろんですが、想像もしていなかった新しい企業との出会いがあります。まだ就職活動を始めてばかりの方や、とりあえず視野を広げたいと考えている学生には絶好の機会です。

1-2.単独説明会

ひとつの企業について話を聞くことができます。企業によって座談会形式やプレゼンテーション形式など多くのプログラムがあります。開催時期も様々であり、ES提出前や後に関わらず存在します。ES提出後の説明会は必ず参加しましょう。一企業についてより深く知ることができます。

2.なぜ説明会に行くのか?

そもそもなぜ説明会に行くのか?学生生活の貴重な時間と交通費を使ってまでなぜ参加するのか?プレゼンテーションで話されることの8割はその企業のホームページに載っているのに、なぜもう一度聞く必要があるのか?

それは、面接で話すアウトプットを作るためです。

その為に質問をしましょう。説明会を通じて、なぜその企業を志望しているのかということを面接で話すことができるように準備しましょう。
一次情報を二次情報にすることが大切です。
具体的にどのようなアウトプット作ればいいのでしょうか?

ここで最も重要なことは、同じ業界内の企業間の違いを知ることです。

なぜなら面接では、「なぜ弊社を志望しているのですか?」と聞かれます。

ここで「銀行ならどこでもいいです!」という学生と、「銀行の中でも御行ではないとだめです。なぜなら~、、、」と話す学生がいればどちらが魅力的でしょうか?圧倒的に後者です。

同じ業界ではその事業内容がどうしても似てきます。しかし、面接では企業間の違いについて話す必要があります。

企業間の違いや企業風土は、インターネット上だと分からないです。

では、同じ業界内の企業間の違いを知るための方法を以下で説明します。

単独説明会や合同説明会で狙っている企業が存在する学生に向けて書きます。

究極ワザ1:企業のホームページを必ず見ていきましょう

その企業の事業内容、組織や経営理念をチェックしていきましょう。ある程度予習をしていくことで説明会の際により理解しやすくなります。

究極ワザ2:上場企業の場合は、有価証券報告書、アニュアルレポート、プレスリリースにも目を通しましょう

アニュアルレポートには、個人投資家向けに理解しやすいように説明がされており、中長期経営計画も載っています。そこで今後の企業の方向性を知ることできます。

ex.総合商社の丸紅の場合、「Global Challenge 2018」と題して「真のグローバル企業」、「海外強い丸紅」、「強い個が結集して丸紅グループ」と三つの指針を示しています。

究極ワザ3:難しくとも四季報には目を通しておきましょう

四季報は宝の宝庫です。正直なところ、難しいワードや、単一の業界のみの知識では理解できないところが多くあるでしょう。

しかしこちらに目を通しておくことで、会社説明会で話している内容をあらかじめ予習することができ、それに対して建設的な考えを得ることができるはずです。

究極ワザ4:当たり前だけれども質問は用意しておきましょう

総合商社間を比べていくと企業間の違いが見えてきます。この企業間の違いをもとに疑問に思ったことについて質問を作りましょう。

究極ワザ5:説明会中で重要なことは、企業の社員の雰囲気を感じ取ることです

同じ企業であっても何度も説明会運ぶことで、自分自身が良いと思った社員さんに会うはずです。その際に、その社員さんのどのような点が良かったのか?なぜ良いと思ったのか(自分の経験と照らし合わせて)ということを面接で話せるように整理しておきましょう。
ここで注意点は、必ず社員さんの名前所属部署はひかえておくことです。面接で話す際に、そのストーリーの具体性は説得感を出すうえで非常に重要な要素になります。

究極ワザ6:絶対に質問はしましょう

説明会前に準備した質問をし、企業間の違いを明確にしましょう。

ここで質問をすることは、人事に覚えてもらうことが重要なのではなく面接に望むうえで重要な意識づけになるという自分へのコミットにつながります。

3.会社説明会ワザまとめ

今日からなんとなく参加する説明会から卒業しましょう。究極ワザのおさらいです!

  • 究極ワザ1:企業のホームページを必ず見ていきましょう
  • 究極ワザ2:上場企業の場合は、有価証券報告書、アニュアルレポート、プレスリリースにも目を通しましょう
  • 究極ワザ3:難しくとも四季報には目を通しておきましょう
  • 究極ワザ4:当たり前だけれども質問は用意しておきましょう
  • 究極ワザ5:説明会中で重要なことは、企業の社員の雰囲気を感じ取ることです
  • 究極ワザ6:絶対に質問はしましょう

以上で説明した説明会前と説明か中のワザを使いより有意義な就職活動ができることを願っています。

他にも多数の記事を公開中!あなたの就活をハックする『ガクチカ』を要チェック!

 

友達へ就活情報をシェアしよう!

ヒゲ先生監修!君がもし就活で成長したいならば、必携のブックレット!



就活と一緒にビジネスも学ぼう!
就活に役立つ6つのフレームワーク

「ありきたりな就活はやめませんか?」ひげ先生とお悩みBOYが趣味で作った戦略的に就活をする人のための無料(タダ)ブックレットです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ガクチカスタッフでございます。企業と求職者の素敵なマッチングを支える最高の情報、ツール、イベントなどを行っていきます。 世の中が必要としているものをつねに探せ。 -トーマス・エジソン-