【就活講座】分からなければ結構やばい就活敬語37

スポンサーリンク




Contents

あなたは、敬語に自信を持っていますか?

私は社会人として3年目になる今でも、正直自信がありません。。。

ただやはり適切に敬語を使っている人は、自信に満ちた雰囲気がありますし、

逆に間違った敬語を使っている人は仕事ができないイメージがあります。

これは就活生でも同じこと。

実は就活の合否の約7割が第一印象やマナーで決まっている

実は就活の合否を決める7割以上が第一印象やマナーに依存しているということはご存知でしたでしょうか。

就活は面接官に対する第一印象で決まると言っても過言ではありません。

「この学生はコミュニケーションを適切に取れるのか」

「この学生は活躍できそうな顔つきをしているのか」

「この学生は論理的に話を展開できるのか」

こういった観点を、第一印象やマナーなどでみています。

今後社会人や就職活動を行うみなさん。

今回紹介する敬語については適切に使えるようになっていてください!

就活講座:就活敬語を適切に理解しよう!

相手との信頼関係を築く上で、敬語は欠かせない要素です。

敬語を自然に使いこなすポイントは、正しい知識を身につけると同時に、実際にさまざまな場面で積極的に使い、慣れていくことです。

何よりも相手を敬う気持ちを持って、自然に敬語が出てくるようにしましょう。

❶尊敬語‥‥相手に敬意を表すために、相手の動作や状態、持ち物などを直接敬う言葉

相手や相手の行動などに対する敬意を相手の行動や状態を表す言葉につけ直接敬意を表す言い方です

使えるようにしっかりと覚えましょう。

【1】 する:なさる / される

   例)「どうなさいますか?」「そうされたほうがよろしいと思います」

2】 行く:行かれる / いらっしゃる

   例)「あそこに行かれたことがあるんですか?」「どちらにいらっしゃったんですか?」

【3】来る:おいでになる / お越しになる / お見えになる / いらっしゃる 

   例)「○○さんは何時ごろいらっしゃいますか?」「本日○○さんはお見えになりますか?」

【4】いる:いらっしゃる / おいでになる

   例)「何時ごろそちらの事務所にいらっしゃいますか?」  

【5】食べる:あがる / 召しあがる / お食べになる

   例)「どうぞおあがり(召し上がって/お食べになって)ください」

【6】言う:言われる / おっしゃる

   例)「○○さんはそう言われてましたか?」「みなさんそうおっしゃいます」

【7】見る:見られる / ご覧になる 

   例)「この資料はもうご覧になりましたか?」

【8】聞く:聞かれる / お聞きになる 

   例)「この件ですが、もう聞かれてますか?」「なんでもお聞きください」

❷謙譲語‥‥自分や、自分側の動作、持ち物などをへりくだって言う言葉

自分や身内の立場を低めることで相手を敬う言葉です。社外の方に対して社内の人を表すときにも、この謙譲語を使います。相手に対して、誰かが何かをするときや、話しかけるときに使います。

【9】する:いたす / させていただく

   例)「では、そのようにさせていただきますので、よろしくお願いします」   

【10】行く:まいる / うかがう

   例)「本日の1時にうかがいます」

【11】いる:おる

   例)「その時間は事務所におりませんので、違う時間にしましょう」

【12】食べる:ご馳走になる / いただく / ちょうだいする

   例)「いただきます」

【13】言う:申す / 申し上げる

   例)「このように申し上げるのは失礼かと思いますが・・・」 

【14】見る:見せていただく / 拝見する

   例)「では、拝見します

【15】聞く:うけたまわる / お聞きする / うかがう 

   例)「その件は○○様にうかがっております」

【16】与える:差し上げる / 進呈する

   例)「よろしければ、それは差し上げすよ」

【17】もらう/受ける:いただく / ちょうだいする 

    例)「(名刺を受け取って)ちょうだいします

❸丁寧語‥‥相手に対して品の良い丁寧な対応が必要な時に使う言葉

敬語の一種で、言葉使いを丁寧にして、美しく表現した言葉です

言葉の使い方を丁寧にすることで、話し手が聞き手に対する敬意を表す表現です。

「お酒」「お詫び」など単語の前に「お」をつけます。「…ます」「…です」「…でございます」などが尊敬語です。

【18】…です

例)御社を志望いたしました理由は、◯◯です。

【19】…ます

例)御社で働くことになりましたら一生懸命◯◯に励んでまいります。

【20】…でした

例)前回までは◯◯でした。

【21】…ました

例)アルバイトは◯◯をしておりました。

❹就活で使われる呼び名

電話やメールなどで、会社や人事担当者を呼ぶ必要があります。

その際にどのようにいう必要があるのかを学びましょう。

【22】自分……わたくし わたし 

(「自分」「オレ」などの表現は避けましょう)

【23】相手……○○さん○○さま、お客様

人事担当者に対しては◯◯さんで大丈夫でしょう。

【24】役職者…○○部長○○マネージャー

社会人になってから、その企業の役職名をきちんとつけて呼びましょう。(注:役職名はそれ自体が敬称なので、役職名の後には「さん」はつけない)

【25】同僚……○○さん 

(お客様などに社内の人のことを話す時は役職名など名前の後に付けずに呼び捨てでかまいません「○○は」もしくは、「上司の○○は」・・・)

【26】自社……当社弊社(へいしゃ)わたくしども

これは人事担当者が自分たちの会社を呼ぶときによく使う言葉ですね。学生のうちに覚えておきましょう。

【27】相手の会社…御社(おんしゃ)貴社(きしゃ)

話し言葉では御社、書き言葉では貴社を利用しましょう。

【28】他社の社名…○○会社さん

この部分はあまり深く考える必要はありません。普通の個人のようにさん付けで呼びましょう。

❺就活で使われる便利な表現

就活で絶対に使う必要がある便利な表現をまとめました。

これは社会人になってからも重要ですので、是非覚えておきましょう。

【29】挨拶する: いらっしゃいませ / いつもお世話になっております/ご無沙汰しております / お待たせいたしました

挨拶は基本中の基本です。絶対に覚えておくようにしましょう。

【30】承知する: かしこまりました / 承知いたしました/ 承(うけたまわ)りました / それで結構でございます

返事も就活では確実に使う言葉です。

適切な返事をきちんとするようにしましょう。

【31】感謝する:非常にありがたく(うれしく)存じます / おかげさまで○○できました / ありがとうございます / 恐れ入ります

感謝をきちんとできる学生の心証は非常によくなります。

【32】謝罪する: (気がつきませんで・至りませんで)申し訳ございません / 失礼いたしました / ご迷惑をおかけいたしました

万が一失敗してしまった場合に適切に使いましょう。

【33】依頼する: 恐れ入りますが(お手数ですが)○○していただけますか / 申し訳ありませんが○○をお願いできますか

日程の変更など依頼がある場合には適切にお願いしてみましょう。

【34】質問する: 少々お伺いしたいことがあるのですが / どのようなご用件でしょうか

クッション言葉をきちんと入れて利用しましょう。

【35】確認する: もう一度おっしゃっていただけますか / (これで)いかがでしょうか / よろしいでしょうか

確認は失礼なことではありません。積極的に使っていきましょう。

【36】断る: (非常に・まことに)残念ですが 、○○いたしかねます。/ (あいにくですが)私の一存では決めかねますので

確認同様、どうしても用事などで断らなければいけなことがある場合には失礼にはなりません。適切に敬語を使いましょう。

【37】時間をいただく: お手すきできたら(ご都合がよろしければ)少々お時間をいただけますでしょうか

何かしらを伺いたい時や、確認したい時などに利用しましょう。

就活できちんと敬語を使える就活生は失敗しない

いかがでしたでしょうか。

敬語があまりわかっていない方は、今回の記事をきっかけに

しっかり理解するようにしてくださいね!

就活敬語を理解している人で、就活を失敗した人は聞いたことがありません。

非常に重要なポイントですので、是非頑張って覚えていきましょう!

他にも多数の記事を公開中!あなたの就活をハックする『ガクチカ』を要チェック!

 

友達へ就活情報をシェアしよう!

ヒゲ先生監修!君がもし就活で成長したいならば、必携のブックレット!



就活と一緒にビジネスも学ぼう!
就活に役立つ6つのフレームワーク

「ありきたりな就活はやめませんか?」ひげ先生とお悩みBOYが趣味で作った戦略的に就活をする人のための無料(タダ)ブックレットです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ガクチカスタッフでございます。企業と求職者の素敵なマッチングを支える最高の情報、ツール、イベントなどを行っていきます。 世の中が必要としているものをつねに探せ。 -トーマス・エジソン-